検査方法について

ドライアイの診断にはいくつかの検査を行なう必要があります。
涙の分泌量や角膜(黒目)・結膜(白目)の評価、涙液の検査、試験薬を用いた検査などを行い診断します。
いずれの検査も痛みは少なく、短時間で終了します。

涙の量的質的検査

BUT検査
目を開いてから目の表面の涙の膜が破壊されるまでの時間(BUT=Break Up Time)を測ります。BUTが5秒以下の場合、ドライアイの疑いが高くなります。涙の量は問題ないのにBUTに問題がある場合、マイボーム腺からの油の分泌やムチンの分泌に問題がある場合があります。
シルマー試験Ⅰ法
専用の濾紙を下まぶたの端に5分間挿入し、涙でぬれた部分の長さで涙の量を測ります。
目盛りが付いた専用の試験紙(シルマー試験紙)を目尻側の下瞼の端に5分間挿入し、試験紙が涙液でどこまで濡れたかで涙液の分泌量を調べます。

シルマー

涙の量が5ミリ以下の場合、ドライアイの疑いがあります。なお、試験紙挿入による刺激で涙液が通常より分泌される事を防ぐために事前に麻酔用の点眼薬(ベノキシール)を使っております。
ZQ(ゾーンクイック)検査
上記のシルマー検査の写真と同様に、専用の糸を下まぶたの端に15秒間挿入し、涙でぬれた糸の長さで涙の量を測ります。紙ではなく糸を挿入する為、シルマー検査よりも違和感が少なく、短時間で簡単に検査することができます。

ゾーンクイック

目の表面の障害を見る検査

顕微鏡検査
フルオレセインという黄緑色の試薬を点眼すると角膜(黒目)の障害された部位が染まるので、顕微鏡で染色部を観察して障害の程度をみます。
フルオレセインという黄緑色の試薬を点眼すると、角膜(黒目)の障害された部位が染まるので、細隙灯顕微鏡で染色部を観察して障害の程度をみます。ムチンの分泌に問題がある場合、フルオレセインでは検出されにくいため、ローズベンガルというピンク色の試薬を使う場合もあります。

顕微鏡検査


ドライアイ治療のWEB予約はこちら

■ドライアイTOPページへ戻る■

医師紹介

  • 新川医師
  • 常勤医師:新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
    PDT講習会受講終了認定医

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 当院勤務

    現在までの白内障手術件数 3000件程度

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名